NEW! 第5回定時社員総会 会長挨拶

2015-07-07

平成27年6月24日

 

内閣府認定公益社団法人 全日本司厨士協会 関西地方本部大阪府本部 第5回定時社員総会 会長挨拶

宮川 榮治

   只今ご紹介いただきました関西地方本部大阪府本部会長の宮川 榮治でございます。
 本日はご多忙のなか大阪府本部顧問にご就任をいただいております国会議員の先生、大阪府、大阪市のご代表そして大阪商工会議所並びに関西・大阪21世紀協会からもご出席を賜り、更には東京総本部会長 宇都宮 久俊様、地方本部の会長、理事長の方々と友好団体役員の皆様そしてご協力をいただいております賛助会員各社様を始め多くの会員諸氏にご出席をいただき誠に有難うございます。厚くお礼申しあげる次第でございます。
 さて、私共大阪府本部は平成24年4月に内閣府認定公益社団法人の傘下として一般社団法人大阪司厨士協会から異動をいたして以来今年の4月で3年目を迎えることとなります。
本日、第4号議案の役員組織図でお示ししておりますが、新たに理事長と4名の副会長兼支部長と更に幹事長と事務局長の就任で力強い役員を組織し新たにスタートをいたしました。
 本年度の協会運営での喫緊の課題を挙げますならば会員数の増強であります。 
岡山県本部 鵜野会長のご指導をいただき、理事長には会員増強対策室長、4名の副会長、幹事長、事務局長の皆さんには会員増強委員長、更に38名の理事の皆さんには会員増強委員に就任いただき各々が会員増強に向けて最大の努力を図ることといたします。大阪府本部役員、理事の45名が年間に1名の新入会員を勧誘いたしますと45名の増強となります事を念頭に置き協会運営に励んでいただくことを強く望みます。
 年間の中で偶数月の役員、4支部長会議におきまして最重要議題として会員増強問題を俎上にあげ、常に会員数のトレースを行いつつ進捗状況を把握したうえで善後策の検討、推進をしてゆく所存でおります。
 その為には協会会員にとって魅力ある協会運営の充実が最も大切な課題と考えておりますが、後程事業部長の北山理事から報告をいたします通り昨年に引き続き魅力ある催事事業に加えて技術研修や基礎知識の習得など新入会員にとって役立つ研修企画を積極的に展開して行くこととしております。
 その中での重点施策としては昨年同様 関西地方本部主催で11月に第86回 称徳会と題して全国物故司厨士法要を四天王寺本坊にて執り行いますが大阪府本部として運営をさせていただきます。12月には大阪ライオンズクラブ様と青年部・厚生部の合同福祉慰問としで大阪府下障害児施設の恵まれない子供達にわたしどもだからこそ出来る安心・安全で美味しいクリスマス料理を現地で丹精込めて仕上げ食べていただくことを計画しています。
昨年同様本年もご協力をいただきます大阪ライオンズクラブ様には心から感謝いたしております。
 今年も多くの諸外国から観光客の来阪が見込まれておりますがこの人たちの飲食産業への消費貢献の波及はまだまだの感がいたします。 わたしたち料理人は献立作りから調理まで従来に増して一層の創意工夫を重ね常に進化させ、その結果「大阪の西洋料理は美味しくて素晴らしい」との評価を得ることが雇用されている企業並びに世間に対しての責務と考えております。
 結びに関係団体各位様と料理を取り巻くあらゆる安心、安全な原材料の提供で協会を支えていただいております賛助会員各社様のご繁栄を祈念申しあげ、合わせて関係各位様には更なるご支援・ご鞭撻を賜りますことを衷心よりお願い申しあげ甚だ簡単・楚辞でありますが  総会のご挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。