会長挨拶

banner
会長 濵田 勉

平成30年 年頭所感
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年の新年度スタートは、「17食博覧会・大阪」があり、皆様のお蔭で無事終えることができました。今年度も理事・幹事・会員・賛助会員の皆様のご協力を得ながら、少しずつ課題を克服したいと思います。

 会員の獲得、女性部の活動開始、会員の負担を少なくする為にスポンサーを見つけてセミナーや講習会の実施、来年度の“食いだおれナイト”のタイアップ都道府県の検証、会員相互の就職相談(人事部中心)、皆様のご要望を取り入れた企画や事業活動等。 

 特に人手不足の対応として、厨房機器メーカーさんが新しく作られた器具・設備を使った調理実習は、昨年実施したところ大変好評でしたので今年も是非実施したいと思います。又、問屋様・食品メーカー様との意見交換会が出来るようにしたいと思います。

 一昨年(平成28年)は850万人、昨年(平成29年)は1000万人を超える観光客が大阪を訪れました。ホテルの宿泊は相変わらず好調ですが、ホテルの飲食部門やレストランには余り恩恵がないようです。黒門市場などは観光化されて、市場の中でマグロやファーストフード化した食べ物が沢山売られています。観光客はこのような所で胃袋を満たしているようです。2年後には“東京オリンピック”が開催されます。2025年の“大阪万博”開催誘致に松井大阪府知事・吉村大阪市長が頑張っておられますが、何とか大阪を中心として景気が良くなり、私共の業界にプラス効果が出ることを期待しています。

 来年は平成天皇が退位されます。平成天皇が即位された年には結婚式が相当増えたそうです。今回も新しい元号を記念して結婚式が増えると予想されています。現在は地味婚が多いそうですが、少しでも私共の業界に恩恵があれば幸いです。

 さて公益社団法人全日本司厨士協会関西地方本部大阪府本部は5年前と比べると、かなり若返っていますが、協会活動をもっともっと発展させていくには、まだまだ若い力と女性会員が必要です。若い会員や女性会員の力が発揮出来るように育てていくのが、私達の務めです。なにとぞ理事・幹事・会員・賛助会員の皆様本年も宜しくお願いします。

 理事・幹事・会員・賛助会員の皆様の益々のご繁栄とご多幸・ご健勝を祈念して私の挨拶といたします。